アイドル・サマー’80

  • 80年代の女性アイドルの夏ソングであの頃の夏にタイムスリップ!
  • ソニー・ミュージックダイレクト
  • 2010/6/23
  1. 夏の扉 / 松田聖子
  2. 夏色のナンシー / 早見優
  3. ゆ・れ・て湘南 / 石川秀美
  4. エスカーレーション / 河合奈保子
  5. 淋しい熱帯魚 / Wink
  6. さよならの果実たち / 荻野目洋子
  7. 太陽がいっぱい / 松本伊代
  8. パンドラの恋人 / 南野陽子
  9. 青いスタスィオン / 河合その子
  10. 夏を待てない / 国生さゆり
  11. 瞳に約束 / 渡辺美奈代
  12. マリーナの夏 / 渡辺満里奈
  13. ココナッツの片思い / 伊藤智恵理
  14. 南風-SOUTH WIND- / 太田裕美
  15. シンデレラ・サマー / 石川優子
  16. CHA-CHA-CHA / 石井明美
  17. 涼風 / 岩崎良美
  18. 天国にいちばん近い島 / 原田知世

80年代の夏ソングを語るうえで欠かせない存在が女性アイドルですね。今日はそんな80年代の女性アイドルの夏ソングを集めたオムニバスをご紹介します。タイトルは「アイドル・サマー’80」といいます。

スポンサーサイト



レビュー

出だしはやはり聖子さんでしょう。曲は「夏の扉」です。サビの部分の「♪フレッシュ、フレッシュ、フレッシュ」がとても印象的な曲です。そのあとの早見優さん、石川秀美さん、河合奈保子さんという流れは秀逸ですね。どの方も80年代の夏ソングといえば必ず名前があがります。

中盤に行くと河合その子さんから渡辺満里奈さんまでおニャン子クラブのメンバーの曲が並びます。「夕焼けニャンニャン」を見ていた方には一押しのメンバーがこの中にいらっしゃったのではないでしょうか?

後半はアイドルというよりは歌手としての印象が強い方が多いですね。「シンデレラ・サマー」はJALのCM曲、「CHA-CHA-CHA」は「男女7人夏物語」の主題歌として当時よく耳にしました。最後は原田知世さんの「天国にいちばん近い島」です。同名のタイトルの映画は大ヒットしてニューカレドニアという島がこれで一般に知られるようになりました。

まとめ

ということで当時を知っている方はこのオムニバスで当時のアイドルに思いをはせながら一杯するなんていかがでしょうか?

「昭和の夏うた」のオムニバスに戻る

スポンサーサイト



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする