思わず納得!「冬うた」と「冬限定CM」を組み合わせるとヒット曲が生まれる法則。

冬になるとよくこの時期限定のCMというのを目にすることが
多いですね。

有名なのはケンタッキー・フライド・チキン竹内まりや
さんの「すてきなホリデイ」ですね。

この曲をCMで聴くたびにクリスマスでなくてもフライド
チキンが食べたくなりますね(笑)

このようにCMというのはテレビをつけていると何度も耳にする
機会が多いため、ヒット曲も生まれやすい傾向になるといえます。

そこで今日は冬限定CMと冬うたのヒット曲との関係性について
オムナビ流に語ってみたいと思います。

スポンサーサイト



アルペンCMで冬うたの女王になった「広瀬香美」

まずは冬うたと聞けばやはりこの方ははずせませんね。
広瀬香美さんです。

93年発売の「ロマンスの神様」は、アルペンのスキーのCMで
かかるやいなや瞬く間に話題となって今もウィンターソング
といえばこの曲と言われるまでになりました。

その後も「幸せをつかみたい」「ゲレンデがとけるほど
恋したい」「ストロボ」「Promise」「真冬の帰り道」と
CMと連動して次々と冬うたのヒット曲を生み出しました。

ちなみに広瀬香美さんは「夏だモン」というシングル曲を
出してますが、これはやはりというかヒットしませんでしたね(笑)

こんなにある冬限定CMから生まれた冬うたのヒット曲

冬といえばこの曲、というのはやはりCM発の曲が多いですね。

サッポロビールの冬季限定ビール「サッポロ冬物語」のCMでは、
槇原敬之さんの「冬がはじまるよ」をはじめ、高野寛・田島貴男
Winter’s Tale ~冬物語~」、Dual DreamWinter Kiss」、
カズン冬のファンタジー」などの冬うたのヒット曲を生み出しました。

そしてJR東日本の「JR SKI SKI」キャンペーンのCMでは、
ZOOの「Choo Choo TRAIN」をはじめ、globeDEPARTURES」、
GLAYWinter,again」などのヒット曲を輩出しています。

最近ではSEKAI NO OWARIの「スノーマジックファンタジー」や
back numberの「ヒロイン」などもこのCMから生まれていますね。

ほかにも冬のCMから生まれた曲はたくさんありますが、長く
なりましたので別の機会にしたいと思います。

今年の冬はどんなCMから冬うたのヒット曲が生まれるのでしょうか?


冬のCMベスト

スポンサーサイト



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする