HOLIDAY tunes~おでかけモード

  • ドライブのおともに車に積んでおきたいお出かけナンバーが収録されたオムニバス
  • Sony Music Direct
  • 2010/4/28

(track1)

  1. 楽園 / THE YELLOW MONKEY
  2. くじら12号 / JUDY AND MARY
  3. 日曜日よりの使者 / ザ・ハイロウズ
  4. POP STAR / 平井堅
  5. *~アスタリスク~ / RANGE RANGE
  6. my sweet darlin’ / 矢井田瞳
  7. シャングリラ / チャットモンチー
  8. イージュー☆ライダー / 奥田民生
  9. ハイウェイ / くるり
  10. 笑えれば / ウルフルズ
  11. DNA / 川本真琴
  12. LOVE2000 / hitomi
  13. HOT LIMIT / T.M.Revolution
  14. バンビーナ / 布袋寅泰
  15. GO!!! / FLOW
  16. 本日ハ晴天ナリ / Do As Infinity
  17. ROCKET DIVE / hide with Spread Beaver

(track2)

  1. 晴れたらいいね / DREAMS COME TRUE
  2. リルラ リルハ / 木村カエラ
  3. 渚にまつわるエトセトラ / PUFFY
  4. ララ サンシャイン / 森高千里
  5. 風になりたい / THE BOOM
  6. スイミー / Every Little Thing
  7. 明日への扉 / I WiSH
  8. 風になる / つじあやの
  9. 田園 / 玉置浩二
  10. NO MORE CRY / D-51
  11. ココロオドル / nobodyknows+
  12. サンキュー!! / HOME MADE 家族
  13. Shangri-La / 電気グルーヴ
  14. AHHHHH! / 久保田利伸
  15. Can’t Be Stopped / Crystal Kay
  16. あ~よかった – setagaya mix – / 花*花
  17. 遠く遠く~’06ヴァージョン / 槇原敬之

休みの日にはドライブという方も多いのではないでしょうか。車を持っている人は週末だけ車に乗るという人も多いと思います。車もずっとエンジン掛けずに置いておくとバッテリー上がりますもんね(笑)

そこでドライブをしようとするとき欠かせないのは車内のBGMですね。だいたいは最近はやりの音楽かFMをかけっぱなしという方が多いと思いますが。ドライブにはやはり爽快な音楽がよく合いますね。

そこで今回紹介するのは「HOLIDAY tunes~おでかけモード」というタイトルのオムニバスでございます。

スポンサーサイト



このオムニバスの特徴

この「HOLIDAY tunes」シリーズは、そのタイトル通りお休みの日に聴きたい曲というコンセプトで「おでかけモード」と「おうちモード」の2タイトルが同時リリースされています。

中でもこの「おでかけモード」は、休日のドライブのときに車中でかけると気分が乗ってくる
そんな感じに仕上がっています。CDは2枚組となっていますので、行きと帰りで1枚ずつ聴けますね。

曲としては90年代のヒット曲が多いですね。やはりこの年代を過ごした夫婦やカップルを想定して、当時はやった歌を中心に選曲されているのだと思います。

1枚目レビュー

まず1枚目から。トップはイエモンの「楽園」からスタートします。イエモンが一番勢いがあったときの曲です。私はロック系のバンドはあまり好んで聴く方ではないのですが、イエモンは当時よく聴いていました。「追憶のマーメイド」「太陽が燃えている」など、吉井和哉さんの音楽センスには目を見張るものがありますね。

ジュディマリは、ドライブの定番曲「Over Drive」ではなくて「くじら12号」を持ってきましたね。この曲はYUKIさんがRPGのテレビゲームをしながら思いついた曲だそうで、たしかに主人公が壮大な冒険をはじめるときのようなワクワク感が歌詞によく表れています。

日曜日よりの使者」「イージュー☆ライダー」といったところはもはやドライブにはかかせません。くるりの「ハイウェイ」なんてのはまさにピッタリだと思います。後半は「バンビーナ」「ROCKET DIVE」などは曲の疾走感で選んだ感じですね。

2枚目レビュー

続いて2枚目はどちらかというとドライブというよりハイキングみたいな感じの選曲になっていますね。まずドリカムからスタートします。曲は「晴れたらいいね」です。これもすっかりドライブには欠かせない曲となりました。

そのあと「リルラ リルハ」「渚にまつわるエトセトラ」「ララ サンシャイン」と女性ボーカルのライトポップな曲が続きます。これらは話をするときのBGMにちょうどいいかと思います。つじあやのさんの「風になる」はジブリ映画の「猫の恩返し」のエンディングテーマでしたね。曲は自転車をモチーフにしていますが、これもドライブ中にかかると心地よい雰囲気にさせてくれます。

久保田利伸さんの「AHHHHH!」は雷波少年のヒッチハイクのテーマソングでした。槇原敬之さんの「遠く遠く」は言わずと知れた名曲ですが、ここでは2006年収録のニューバージョンで聴くことができます。

まとめ

ということですが、全体的にドライブ向けのCDとしてはよくまとまっていると思います。
こうしたCDが1枚車に置いてあるだけで単調なドライブもまた一味違ったものになるのではないでしょうか。

「ドライブ90年代邦楽ヒット曲」に戻る

スポンサーサイト



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする