90年代邦楽のバラードのヒット曲を集めたオムニバスアルバム


クライマックス~J-バラード・スタンダード
・Sony Music Direct
・2010/12/22
アマゾンで買う

    (track1)

  1. M / PRINCESS PRINCESS
  2. fragile / Every Little Thing
  3. もう恋なんてしない / 槇原敬之
  4. 抱いて… / 松田聖子
  5. 砂の果実 / 中谷美紀 with 坂本龍一
  6. 幸せな結末 / 大滝詠一
  7. LOVE IS ALL / 徳永英明
  8. 愛すること / 辛島美登里
  9. ありがとう / 大江千里
  10. DEAR…again (Ver.2.05) / 広瀬香美
  11. そばにいるよ / 前田亘輝
  12. ラストシーン / 布袋寅泰
  13. 愛が生まれた日 / 藤谷美和子・大内義昭
  14. シングルベッド / シャ乱Q
  15. ENDLESS RAIN / X
    (track2)

  1. 未来予想図II ~VERSION ’07~ / DREAMS COME TRUE
  2. いつか どこかで / 小田和正
  3. PIECE OF MY WISH / 今井美樹
  4. if / CHAGE and ASKA
  5. Maybe Tomorrow / レベッカ
  6. 部屋とYシャツと私 / 平松愛理
  7. 今を抱きしめて / NOA
  8. I for You / LUNA SEA
  9. ラストツアー ~約束の場所へ~ / Bluem of Youth
  10. 冬のファンタジー / カズン
  11. believe / 山口由子
  12. OUR DAYS -ORIGINAL MIX- / 鈴木あみ
  13. 会いたい / 沢田知可子
  14. 言えないよ / 郷ひろみ
  15. 渡良瀬橋 / 森高千里

スポンサーサイト



90年代邦楽のバラードのヒット曲で構成されたオムニバス

ソニーさんのクライマックスシリーズのご紹介です。今回紹介するのは「クライマックス~J-バラード・スタンダード」といいまして、J-POPのバラードのスタンダードばかりを集めた作りとなっています。

こうして曲目をみていても、すぐに口ずさめる名曲ばかりでございますね。バラードを歌うアーティストに限らずロック系アーティストの曲も選曲されていて、いろんな感じのバラードを聴くことができます。

「クライマックス~J-バラード・スタンダード」レビュー・1枚目

まず1枚目から。トップを飾るのはプリプリの名曲「M」でございます。この曲は89年発売の大ヒットシングル「DIAMONDS」のB面(カップリング)でリリースされましたが、今でも不朽の名バラードとして知られていますね。

松田聖子さんの「抱いて…」は大人の女性がカラオケで歌う定番みたいな感じがします。前田亘輝さんの「そばにいるよ」、X JAPANの「ENDLESS RAIN」あたりは高音が心に残る名バラードですね。

「クライマックス~J-バラード・スタンダード」レビュー・2枚目

2枚目はドリカムさんの名曲「未来予想図II」からスタートします。曲は2007年発売のバージョンとなっていますが、これも後世に残る名曲ですね。

部屋とYシャツと私」は「女版関白宣言」と当時言われたりしていましたけど、そもそも「関白宣言」をどれだけの人が知っているのか疑問でしたが、それでもよくはやりました。Bluem of Youthは、電波少年で取り上げられたことで一応ヒットはしましたが、先の「Something else」がガンといったおかげで2番煎じの感は否めなくて、そのあとパッとしないまま終わりましたね。

まとめ

そんなわけでこの辺の曲はJ-POPに詳しくない方でもすんなりと聴ける曲ばかりだと思いますので、今一度スタンダードバラードに耳を傾けてみてはいかがですか?

スポンサーサイト



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする